卒業式について

劇団バッカスの水族館「卒業式、実行」 終演しました。

f:id:takoyakioishi:20191204232844j:image

バッカスブログを2回くらい書いて、「ブログ…おもしれー女」となった。が、バッカスブログは二度と書けないのでここに書こうと思います。書かないといつまでも終われなさそう。検索で見つけたあなた、よくぞ見つけました。おめでとうございます。

 

ストレスで体が狂ったことと就活で、役者をやることから離れていた私に役者のお誘いがありましたのが8月。ぶっちゃけ「SHINDO」って思っていた。だけど、小塚くんにめちゃくちゃ押されて、とりあえず渡された台本読んで、ざんめぇ(私は観劇三昧のことをこう呼ぶ)に課金して観たアガリスクエンターテイメントの『卒業式、実行』を観て、「やります」ってなった。関節がイカレる速さの手のひら返し。

 

私に与えられた生徒会長役、アガリスクの熊谷有芳さんがもう超カッコよくて、セリフ聞いて、暴れるのを見て、絶対やりたい!って思った。し、やってよかった。めっちゃ影響受けた。

 

本当に疲れた!!体力的にはもちろんだけど、怒るって本当に心が疲れる。でも、「怒り」はものすごいパワーだなって思った。怒っている人は何でもやる。やれちゃう。燃え盛るような怒りっていうのは経験がなくて、制御が難しかった。こう見えて普段滅多に怒らないので。(と言ったらnekamiさんはカレーを食べながら「でもピッタリですけどね」と言っていた。何故だ)

 

そう、怒るってめちゃくちゃ疲れるので、やめたくなるんですよね。私は怒らないってより、怒るのは面倒くさい、私が諦めれば疲れないって思う方。だから、疲れても、髪の毛とかぐしゃぐしゃになっても起こり続けた生徒会長を私は尊敬します。暴れ過ぎだけど。(これは最初に本読んだ時とか、公演が終わって数日経って生まれた気持ち。やってる最中は夢中だったのでそんなこと考えてなかった)

 

舞台写真は8、9割しかめっ面で怒ってるブスだったけども、「私って怒るとこんな顔になるのか」って面白かった。ありがとう、藍ちゃん。

f:id:takoyakioishi:20191204231823j:image
f:id:takoyakioishi:20191204231817j:image
f:id:takoyakioishi:20191204231813j:image

 

(アンケートには「ゴリラって呼ばれてそう」とあった。ほんまやね。)

 

私の役者卒業公演にしようと勝手に決めて挑んだ今回の公演だけど、欲がどんどん出てしまって、もっと稽古したらまだまだもっと面白くなると思ったし、共演者も「ああ、この人ともう一回やりたいな」って思う人ばかり。今回で卒業なのに。

f:id:takoyakioishi:20191204233125j:image

みんなに幸あれ。大好きです。

お客さんに笑ってもらえてよかった。

 

今は腑抜けになってしまって、階段から転んで足をくじいた。早く元の生活に戻らなければ。

明日もバイトだ。